チャオプラヤーエクスプレス

今回、BTSのサパンタクシンの接続する
サトーンピアから、
ワットアルンとワットポーに接続してみました。

利用したのは、チャオプラヤーエクスプレスの
オレンジライン。15バーツ。
チャオプラヤーエクスプレスのチケット販売ブースには、
ツーリスト用と、オレンジライン用の2つがありました。

17798951_1305796919498682_8768169974610262016_n.jpg

寺院や王宮などの名所をつなぐので、
白人さんもいっぱい利用していました。
ツーリズトボートだと、英語の説明があり、
わかりやすいそうです。

17798902_1305796986165342_2132350601289916173_n.jpg

オレンジボートは、アナウンスもないので、
周りの動行をみて、すばやく動かないと
降り遅れます。

984010_1305796892832018_6644311090526119765_n.jpg

平日なのに、席がないほどの盛況さ。
定員は・・・乗れるだけ乗るって感じです。。

17757407_1305797016165339_6806290603086609197_n.jpg

停留所も、タイ語表記しかない場合も・・・
そして、止まっても一瞬で出発するから、
なれないとオタオタです。

17796496_1305796922832015_472283779274774810_n.jpg

白人さんもたくさん。
私はタイ語が読めるからと自信もってましたが、
ワットポー前のターティアンで降りようと思ったら、
船内が混みすぎて、流れでワットアルン前で降りる羽目に・・・。
ダメじゃん。

983927_1305797012832006_4955237487290977233_n.jpg

ワットアルン前の
やる気のない子たち・・・

17523253_1305797076165333_4899239212564629481_n.jpg

降りた場所から少しはなれた
渡し舟乗り場から、4バーツ払って対岸へ。
このボートもいっぱいでした。

17798940_1305797102831997_3010260159635724584_n.jpg

さすが観光名所。
ボートがひっきりなしに往来しています。

17759825_1305797162831991_6471559180839393099_n.jpg

ターティアン到着。
観光地なのに・・・この渋い船着場・・・
情緒はあるけど、わかりにくいですよね。
船着場は市場みたいになっていて、
まっすぐ抜けたら、ワットポーです。

船着場周辺はお土産やさんや、オシャレカフェなどが
並んでいるので、飽きないですよ。
ただ寺院が閉まると、お店も閉まるので、
周辺は夕方にはクローズして、静かになります。

このあたりは観光地のため、
メーターで行ってくれるタクシーを捜すのも大変なので、
船移動はやはり安くて便利です。
コツがいりますけどね。


バンコクのスパ・エステ・マッサージの予約は

bkkspae.gif

バンコクでスパ&エステ


ポチッと↓一押し♪オネガイシマス
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
スパとエステ、美容、ダイエット、健康ネタがだーいすきの、さくらこです。日々のスパとマッサージ体験を交えながら、バンコクでスパ体験を考えている方や、既にスパにハマッている方の参考になる、情報を発信していきたいと思っています。

さくらこ

Author:さくらこ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
スパお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

バンコクスパ
ブログの訪問者数
最新コメント
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
バンコクのスパ売り上げ NO.5はこちら。
ご予約希望の多いバンコクで人気のスパはこちら!


スパメニューと料金の詳細はこちら。




★コランブティックスパ
憧れの一軒家スパ
日本人オーナーが経営
併設のカフェもお勧めです




★バニラスパ
リーズナブルな価格で
質の高いトリートメント
日本人スタッフ常駐です



★バワスパ
事前予約必須!
人気が高く、予約が難しい
スパです。豪華な一軒家スパ



★シリギリヤスパ
ほっと落ち着く
ホスピタリティが魅力
バストリートメントが
お勧めです



★ディバナスパ
タイの古い一軒家を
改装して作られたスパ
セラミックバスや、
重厚なインテリアも素敵



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア